セールスデザイン

バナーで伝えたいのは、お客さまが手に入れられるもの

今日はバナーのリデザイン例をひとつご紹介します。

リデザイン前

リデザイン後

デザインを解説します

Beforeの場合、無料ヒーリングを受け取るとどうなるのか?が、バナーを見ただけではわかりません。

人は自分が関心あることしか見ません。

バナーを見て目に入るのは

私に何をしてくれるの?」

という部分なのです。

今回、無料一斉ヒーリングを受けた方の声を見させていただくと

  • なんとなく元気が出たように感じた
  • とてもあたたかくて優しい気持ちになれる
  • 元気もらえました
  • 落ち込んで悲しい気持ちがなくなっていた

といった声が寄せられていました。

ヒーリングというと「覚醒」とか「高次元」とか、
そのようなイメージワードから連想して、
宇宙や海のような画像を使いたくなります。
(提供者側のイメージ)

けれど、ヒーリング初心者の方にとって受け取る印象は、
崇高なエネルギーを感じるというよりは

「あたたかいお茶を淹れて、ほっと一息ついた」

みたいな、ほんわり元気になるイメージなのかなと感じました。

特に無料の一斉ヒーリングなので、そのくらい気軽な感じで体験してみたい方に訴求できるようにしました。

また毎月25日に定期的に開催されていて、一度登録したら、あとは自動的に毎月ヒーリングを受け取れるというのも、初心者にとってとっつきやすいポイント。

「毎月25日」と日が決まっていると、わかりやすくていいですよね!

その部分も強調して伝えています。

バナーを作る時にもっとも大切なこと

バナーをクリックした先に、お客さまが手に入れられるものは何なのか?
それが一目で伝わるのがセールスデザインです。

自分が何を提供しているのか?ではなくて

お客様が何を手に入れられるのか?

それが伝わるデザインになっているか?

バナーを作る時は、ここをチェックして見てくださいね!

無料メルマガでは、不定期でバナーリデザインの無料キャンペーンを実施しています。
よかったら、今のうちにご登録しておいてくださいね!