セールスデザイン

文字を読まなくても感覚的に伝えるには?

「セールスコピーを活かした売れるデザイン」を作る時に、私が心がけていること3つのこと。

  1. 見えにくさを徹底して取り除く
  2. ベネフィットが伝わることを最優先する
  3. 読まなくても感覚的に伝わる工夫をする

この記事では、3. 読まなくても感覚的に伝わる工夫をする について、例をあげながら解説していきます。

 5メートル離れてみてもざっくりした内容がわかる

「読まない」の壁を乗りこえてもらうのは大変。

だったら逆に、読まなくても伝わるようしたらいいのでは?

というわけです。

例えば、お悩みについて書いていたら、どよーんとした背景や写真を使います。


豪華特典の内容について書いていたら、じゃじゃーん!感のあるデザインにします。


読まなくても

「ネガティブなことが書いてあるエリアだな」
「ポジティブなことが書いてあるエリアだな」

とわかりますね。

LPを5メートル離れたところから見ても

「ここはお悩みが書いてありそう!」
「ここはお得なこと書いてありそう!」

とわかるくらいトーンにメリハリがあるといいです。

細やかな気遣いを怠らない

さらに、細かーい話になってくるのですが。

例えば、特典が「サプリメントを2袋分プレゼント!」だった場合、サプリメントの画像も文字通り2個並べます。


読まなくても2個もらえるんだな、とわかりますよね。

そういう細かい気配りを積み重ねることで、見る人に負担をかけないデザインになっていきます。

「相手の気持ちを想像してみましょう」

って小学校で習うみたいなことですが、これが本当に大切なんですよね。

ぜひ想像力を働かせて伝えてみてくださいね!