セールスデザイン

セールスコピーは紙の上のセールスマン!

広告とはなんでしょう?

ジョン・E・ケネディが見つけた答えはこうでした。

「セールスマンシップ イン プリント 」

つまり、紙の上にセールスマンのセールストークを表したもの。

この考え方は広告の歴史を大きく変え、現代のダイレクト・レスポンス型広告の基礎を作ることになったと言われています。

読みづらい広告は、身なりのよくないセールスマン!!

セールスコピーが、紙の上のセールスマンだとしたら、

そのセールスコピーが、ものすごく読みづらいデザインになっているということは

身なりのよくないセールスマンが営業にきたのと同じです。

セールスマンは、清潔感があって、誰が見ても好印象を抱く格好をしますよね。

不衛生だったり、ボロボロだったり、理解しがたい格好をしているセールスマンが営業にきたら、見た目だけで敬遠されてしまうからです。

どんなにセールストークが上手でも、まず話を聞いてもらえません。

デザインが残念というのは、それと同じです。

文字が小さい、余白が詰まりすぎ、余白がバラバラ、色のトーンが揃っていない、画像が荒い

それでは、セールスコピーを読んでもらえないのです。

セールストークをさせてもらう段階まで進めないのです。

セールスコピーにはセールスデザイン

せっかくセールスコピーを書いたなら、デザインまで気を配らないと、どれだけ無駄になるかおわかりいただけたでしょうか?

イメージコピーには、イメージデザインを。

セールスコピーには、セールスデザインを。

セールスコピーを台無しにしないためにも、セールスコピーができたら、セールスデザインができるデザイナーを探してくださいね!

「売る」をサポートするセールスデザインのバナー・LP制作はこちら