LP制作

同業者と差別化できる、私だけの価値を見つけるには?

買った人も売った人も幸せになれるランディングページ制作
Web・グラフィックデザイナーの川島 彩です。

(プロフィールはこちら

何かを買った時、自分の心の動きを観察してみてください。

「また買いたいな」
「もうこれは二度と買わない」

など、買ったあとの気持ちも観察してみてください。

なぜなら、人の心を動かすのは商品そのものだけではないからです。

先週の休日、家族で近くの「串焼き」のお店に初めて行ってきました。

この記事のお店です。
外観リニューアルで魅力が溢れ出した居酒屋のお話

外観リニューアルで、目玉商品のシズル感ある写真や、楽しそうに呑んで食べている人の写真が貼られ、入り口には「おかえりなさい!家族と仲間と、おひとり様も!80席」と書かれてあって、店内のあたたかくて楽しげな雰囲気が外にも伝わるようになった。

今まで見向きもしていなかったのに、行ってみたいかも・・・と思うようになった。

中身と見た目を一致させると魅力が伝わるよね!という話でした。

そのお店に、ついに行ってみたのです。

正直、「料理がとてつもなく美味しい」「他では絶対食べられない味」ではないです。(居酒屋なので!笑)

まずまず美味しくて、まずまずヘルシー。

けれど、私も夫も「また行ってもいいねー」と笑顔で家路につきました。

なぜか?

働いている人たちがとっても楽しそうだったのです。

料理の説明や接客に、お店愛が感じられました。

だから、食べている私たちも、ポジティブな雰囲気が伝染して、気もちのいい食事時間になりました。

子どもが食べやすいメニューもあったし、目の前でだし巻き卵を焼いてくれたりして、子どもたちも楽しんでいました。

この場合、私がお金を出して買いたかったのは、

お腹を満たす食べ物だけではなくて、

家族で楽しめて元気になれる食事時間

だったのだなぁと気づきます。

もちろん、商品やサービスそのものだけを求めて買う時もあるでしょう。

でも、「食事」ひとつとっても、

それに付随するさまざまな価値を含めて、

買っていることに気づくと思います。

「パパッと食べられてお腹を満たしてくれるもの」を手に入れたい時もある。

「記念に残るような最高の雰囲気とホスピタリティ」を手に入れたい時もある。

同じ「食べ物」という商品を扱っていても、どんな人に・どんなシーンで食べてもらいたいものなのか?によって、伝えていく価値はそれぞれ違ってきます。

もうすでに似たようなものを売っている人がいるから、もう売れない・・・

なんてことはないのです。

何か商品やサービスを買った時、

  • 自分はなぜそれを買ったのだろう?
  • どこに心を動かされて買ったのだろう?
  • なぜリピートするのだろう?

と、観察してみてください。

そんな視点を身につけると、自分の商品やサービスに関しても、

同業者と差別化できる、自分だけの価値が見えてくるかもしれません。

自分のことになると、自分ではわからないと思ったら、プロ(デザイナー)に聞いてみてくださいね。

いろいろな方向から、光を当てて見つけます。

\まずは無料相談から/

二度寝中に、また売れた!
ネットでもっと売りたい人の
価値を伝えるランディングページ制作

1ページ 100,000円(税別)〜
https://mamaoasis.com/lp/urerulp/