セールスデザイン

メリハリをつけて、瞬時に伝わる「字面」にする

煽らずに価値を伝えることで
リピートにつながるランディングページ制作
Web・グラフィックデザイナーの川島 彩です。

(プロフィールはこちら

頭で考えないと理解できない文章と、パッと見てわかる文章があります。

言葉の使い方など文章術の問題もありますが、

「字面」でも理解スピードは変わります。

例えば、

A. 5月25日月曜日9時から募集開始

B. 5/25(月)9:00〜募集スタート

2つは同じ意味です。

Bの方が直感的に理解できるのではないでしょうか。

それは、Bは

文字ごとに優先順位のメリハリがついているからです。

Aはすべての文字が並列なので、

頭の中でどれが伝えたい文字か判別する分、

理解に時間がかかります。

この記事では、伝えたいことが瞬時に伝わるよう

文字ごとにメリハリをつける方法をご紹介します。

文字ごとにメリハリをつける5つの方法をご紹介

(1)簡略化しても、意味の通じるものは、簡略化する。

月曜日→(月)

9時半から→9:30〜、930

この場合、優先順位は

> 曜、日

9、半 > 時、から

なので、優先順位の低い文字を簡略化します。

全部を文字で表現するより

瞬間的に「日付だ」「時間だ」と受け取りやすいです。

(2)漢字が続く場合、ひらがな、カタカナに変換できるものはする

売上が上がる→売上アップ、売上UP

一番→1番、いちばん、トップ

漢字が続くと、スペースが詰まって「うっ」となります。

ひらがな、カタカナ、数字などに変換できる場合は、言い換えてみます。

(3)数字+単位の場合、数字を大きく、単位を小さくする。

1000円→1000

50%→50%

単位は小さくても、パッと見て価格だな、パーセンテージだな、とわかります。

(4)「てにをは」を小さくする

これは本文ではなく、キャッチコピーに使えるテクニックです。

文字ごとにメリハリをつける5つの方法

文字ごとメリハリつける5つの方法

(5)太文字、赤文字、下線など目立たせる装飾をする

(1)〜(4)は引き算の方法でしたが、(5)は目立たせたい文字をより引き立てる足し算の方法です。

文字ごとメリハリつける5つの方法

文字ごとメリハリつける5つの方法

今回ご紹介した5つの方法は、デザイナーでなくても、

ブログを書くときに取り入れられます。

ここから、さらにイラストレーターを使うと、

さらに自由度高く、メリハリをつけられるので、こうなります。

ほんの少しのポイントと使い方を知るだけで、

イラレを使って読まれる画像を作ることは可能です。

こんな感じ。(画像の内容は適当です)

↓ ↓ ↓

サンプル画像

これを習得できると、

  • バナー
  • ヘッダー
  • YouTubeのサムネイル
  • チラシ
  • ランディングページ

何にでも活用できます。

クライアントの集客サポートツールを手に入れたい方

ご自身のビジネス拡大のために、読まれるデザインを身につけたい方は

イラレ講座の優先案内にご登録ください。

↓ ↓ ↓

優先案内に登録する

詳細が決まり次第、優先的にご案内させていただきます。